競輪マニア

競輪マニアは、競輪予想と車券を当てるために色々な情報を発信するための総合情報サイトになります。

関連記事

競輪選手のやりがいや職業としての魅力とは

競輪は自転車にのってスピードを競いあうスポーツですが、現在は朝も夜も女性だけが走るガールズ競輪などもあり、賭け方もインターネットや電話などを使えて気軽に遊べる公営行儀です。バンクと呼ばれる競走用の路の上を自転車で走るのですが、かけっこのようにヨーイドンで一斉に走るわけではなく、各選手が勝つためにそれぞれの得意資質に応じて他の選手と連携し、縦に並んで走ることに面白みがあります。
様々な魅力がある競輪ですが、これを職業とする競輪選手にとっての魅力とは何でしょうか。まずは、男性同士の力のぶつかり合い、という点があります。競技中は人対人のぶつかりあい、そしてゴールを目指す中で落車や怪我をするかもしれないリスクと隣り合わせです。自転車をこぐのはあくまでも自分の足ですから、自分の体だけが原動力なわけです。鍛錬し、必死で鍛え上げた肉体を駆使して自転車をこいで早さを競い、結果として大金を稼ぎます。文字通りに自分の体で勝負しお金を稼ぐというところに魅力を感じる人が多いのです。
そして頭脳をも駆使して作戦をたて、レースをするというのも魅力の一つです。競輪は普通9人でレースをするのですが、その中にグループで参加してお互いに協力することも出来るのです。例えば逃げ切り屋と言われる人と追い込み屋といわれる人がいて、逃げ切り屋が最後にスパートをかけると同時に追い込み屋が他の選手がスパートをかけるのを邪魔したりするのです。進路を妨害したりなどして味方の選手を助けるわけです。これらは競輪独特の戦法であり、この戦法があるが故に競輪は他のギャンブルとは違って人間味があるとファン達は喜ぶのです。
また、年収が多いということも競輪選手にとっては職業的な魅力でしょう。競輪ではレースの成績によって6つあるランクに分けられるのですが、最上級であるS級のS班に所属する選手の年収は1億円を超えるといわれています。それは数少ないトップの話ではありますが、例えば約700人ほどいると言われているA級の1班というランクの選手であっても平均年収は1100万円ほどと言われていますので、競輪選手は概ね高額年収を稼げる職業といっていいでしょう。
更にオリンピックを目指せるという魅力もあります。ケイリンは2000年のシドニーオリンピックではケイリンが正式種目となっていますから、実力次第では競輪選手としてオリンピックに出場し、メダルを狙うことも出来るのです。世界の大舞台で活躍する道も開けているという点は、間違いなく競輪選手の大きな魅力でしょう。

-関連記事

スポンサーリンク